フィンペシアと同成分のAGA治療薬「プロスカー」の評判・効き目は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「フィナステリド」を有効成分とするお薬はフィンペシアだけではありません。 このページでは、フィンペシアと同じく「フィナステリド」を有効成分とする「プロスカー」というAGA治療薬を紹介します。
プロスカーの大きな特徴は、1錠にフィナステリド成分が5mg含まれているという点です。フィンペシアは1錠につき1mgとなっています。 そのため割錠して服用するとコストパフォーマンスが上がり、お得に服用ができると人気です。 ただし、割錠するとフィナステリド成分に直接触れてしまうリスクがあります。 そのため、身の回りに妊婦の方や、妊娠の可能性のある女性がいる場合は使用に注意が必要になります。

AGA治療薬「プロスカー」について

プロスカーは、フィナステリドを有効成分とするお薬です。 本来プロスカーは前立腺肥大症のお薬として販売されていますが、AGA治療薬として使うことができます。 有効成分フィナステリドが、AGA症状の原因物質ジヒドテストステロンのはたらきを抑制することにより、薄毛・抜け毛を防ぎ、AGA症状を治療します。 現在プロペシアジェネリックなど、フィナステリド成分入りのお薬は様々ありますが、特にプロスカーは、正規プロペシアよりもフィナステリド成分の含有量が多く、コストパフォーマンスの高いAGA治療薬として人気があります。

プロスカーの使用方法

AGA症状改善のためには、プロスカーをフィナステリド成分として1日最大1mgを1回服用してください。 プロスカーは1錠あたりフィナステリド成分を5mgと多く含むため、割錠して服用すると良いでしょう。 ただしこの場合、フィナステリド成分の男性胎児に悪影響を及ぼすという特徴を忘れてはいけません。身近に妊婦や、妊娠の可能性のある女性がいる場合は、割錠してはいけません。 フィナステリド成分の服用はもちろん、接触ですら、妊婦や、妊娠の可能性のある女性は厳禁であるためです。 前立腺肥大症の改善のためには、1日1回、5mgを経口投与してください。 プロスカーの服用は、1日1回までとし、再度服用するまで必ず24時間以上はあけるようにして下さい。

プロスカーの副作用

プロスカー5mgは胎児に有害な影響を与える可能性があります。特に、胎児が男児である場合、生殖器の異常を生じることがあります。 妊娠・または妊娠している可能性のある女性は、分割・粉砕したプロスカー錠、またフィナステリド成分に接触しないよう注意し、接触した場合にはただちに医師の診断を受けるようにしてください。 プロスカー5mgを肝機能障害のある患者に投与する場合は、慎重投与の注意喚起がされています。 プロスカー5mgは、ほとんどが肝臓で代謝されるため、肝機能障害のある患者に投与した場合の安全性が確認されていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*