今、ハゲの歴史が紐解かれる!ハゲという言葉の由来はどこから来た?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でも一度は『ハゲ』という言葉を聞いた事があると思いますが、ハゲという言葉の由来は一体どこからやってきたものなのか疑問に思った事はありませんか?ハゲという言い方の他には『薄毛』や『毛が無い』『髪が薄い』という言い方が一般的になるでしょうか。


ちなみにハゲという言葉を国語辞書で引くと『髪の毛が抜け落ちてしまっている部分』『抜け落ちている状態』とありました。


実はハゲという言葉は既に江戸時代から使われており、かの有名な『浮世物語』にもハゲという言葉が使われているんだとか。昭和から使われていた言葉だと思っていただけに、まさか江戸時代からハゲという言葉が流通しているとは思いもよりませんでした。

ハゲという言葉の由来はどこからやってきた?

本来ならこの『ハゲ』という言葉は『薄毛』で通用するものなのですが、調べてみるとハゲは動詞である『剥げる(はげる)』から来ている事が分かります。そして、この剥げるという言葉は二つの意味を持っているんです。


1 物の表面にある塗りつけた物や被膜が取れて離れる。

2 染めた色が薄くなり、色が褪せる。


この1の、例えば「塗ったペンキが剥げてしまう」という様な意味合いの、剥げるという言葉がいつのまにか名詞の『ハゲ』になり、同義語となる禿という漢字が当てはめられて『禿げ』となりました。


そしてこの『禿げ』という言葉は髪の毛だけではなく、山にある木の一部が無くなってしまっている状態の事も禿げと呼ばれるようになり、1665年に書かれた『浮世物語』ではしっかりと「さのみにはげをしかり給ふな はげをしからぬ本歌の侍るぞかし」と書かれているんです。

こちらの意味は簡単に言うと「あまりハゲの事を叱ってはいけないですよ」となりそうです。

各地域にあるハゲを使った言葉

関西方面ではよく薄毛の事を『ハゲ散らかす』という言葉で表現します。

これはハゲになった毛をそこら中に散らかすという意味ではなく、食い散らかすなどの『散らかす』から来ており、元々「荒々しくする」という意味があります。この意味が転じ、荒々しい程に(無残な程に)頭がハゲている様子を形容したものだと思われます。


また、同じく関西では薄毛の事を『ハゲちゃびん』という言葉でも表現しています。

西日本では昔からヤカンの事を茶瓶と言っていて、ヤカンのツルツルとした見た目が茶瓶に似ていた事からそう呼ばれてきました。この事からハゲた頭の事を茶瓶に見たて『ハゲちゃびん』という言葉が出来たみたいです。


東海や西関東では『ヤカン(頭)』と言ったり、中国地方や北九州などは金柑になぞって『きんかん(頭)』、越後では飴に見立てて『あめ(頭)』と言ったりします。


それぞれ各地域によって呼び方が違うのは方言と同じで色々な呼び方があるみたいです。


そして中国では何と薄毛の事を『光頭』と書いて「ぐわんとう」と読みます。

中国語は日本人にとって分かりやすい漢字を当てはめてくれますが、余りにも率直過ぎていますね。

銀座の老舗天ぷら屋の話


銀座には『ハゲ天』という老舗の天ぷら屋さんがあります。

1928年から続く天ぷら屋さんで、ハゲ天という屋号の前は「たから」

今となっては北は北海道から関東では数十店舗、中部地方や関西地方にもお店があるのですが、この屋号の由来がまた凄いんです。


初代の店主が完全にハゲ頭だった為に、お客様から『ハゲの天ぷら屋』や『ハゲ天』というあだ名がついていました。そこで、銀座にお店を進出する際に、思い切って現在の『ハゲ天』という名前を屋号に決定。

今となっては覚えて頂きやすい名前としてこの『ハゲ天』という屋号が広く浸透しているそうです。

天ぷらを中心とした和食料理店なのですが、本当に美味しいらしく、このようなエピソードを知ってしまうとどうしても親しみが湧いてしまいますよね。


・季節の天ぷら 銀座ハゲ天

TEL:03-3561-1668

住所:東京都中央区銀座3-4-6

アクセス:東京メトロ銀座駅A13出口から徒歩約2分 銀座駅から189m

営業時間:11:00~22:00 ランチ営業有り

定休日:無休


銀座本店以外のハゲ天の店舗は下記ホームページからご確認下さい。

http://www.hageten.com/

最後に


身体のコンプレックスは誰にでもあるものです。そのコンプレックスを指摘されてからかわれてしまったら誰だって良い気分ではないでしょう。ハゲの事を自身が気にしているか、気にしていないかで差は出ると思いますが、世の中にはハゲをネタにしてコミュニケーションを取る人も多くいます。理由としては自分がハゲている事に対して相手に気を遣って貰いたくないという理由からです。


ハゲを開き直れるか開き直れないかで大きな違いが出るように感じました。

ハゲたくてハゲている人は誰もいませんし、極力ハゲている人には髪の毛の事はつっこまない方が無難なんでしょうが、逆に触れないのも気を遣われていると思わせそうでとても難しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*