ハゲと帽子の関係性…帽子を被るとハゲになり易いのはガチでしたよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
帽子をかぶるとハゲるってよく言いますね。
また、ハゲている方がハゲを隠すために手軽によく利用されるのも事実です。

一度帽子をかぶってしまうとなかなか外すことが難しい帽子ですが、帽子をかぶった頭皮環境はどうなっているのでしょうか?ハゲるって言われるってことは最悪な環境なのかもしれませんが、上手に帽子をかぶると頭皮環境にも優しいことにもなるのです。


ここでは、帽子をかぶるメリットデメリット正しい帽子のかぶり方などを調べていきたいと思います。

目次

☆頭皮を守れ!帽子をかぶるメリットとは

☆頭皮環境悪化!帽子をかぶるデメリットとは?

☆正しい帽子のかぶり方

☆カツラと帽子どちらをかぶる?


頭皮を守れ!帽子をかぶるメリットとは

帽子であいさつ
帽子はハゲの温床とも言われますが、なぜ帽子はなくならないのでしょう。帽子をかぶるメリットを調べてみました。

紫外線から守る

帽子をかぶることによって、太陽からの紫外線を守ることができます。体の部位で頭は太陽に一番近い場所にあり、紫外線を一番浴びやすい場所になります。頭皮が紫外線を浴びてしまうと、日焼けし皮膚が炎症してしまいます。髪の毛自体が頭皮を守る機能を果たしますが、髪の毛が薄い方は守りきれない状態ともいえます。
また、日本人の髪の毛は黒髪ですので、熱を吸収しやすいともいえます。そういった紫外線から頭皮や髪の毛を守る役割が帽子にはあります。つばをつけることで、目や顔も紫外線から守ることができます。

寒さを保護

冬の寒さから守ることも可能です。冬の寒い風が頭皮や髪の毛にさらされてしまうと、頭の毛細血管が収縮してしまい血流が悪くなってしまいます。また、乾燥もしている冬には地肌が傷みやすく髪の毛もダメージを受けやすくなります。

その他外的要因からの保護

帽子をかぶることでクッション性が向上し外部からの刺激から保護することができます。頭は少しの刺激でも致命傷を受けやすい場所です。転倒や落下物、突然の雨風などからも守ることが可能となります。

ファッション性

帽子の種類は一種類だけでなくいろいろな素材はカタチの防止があります。野球帽、キャスケット、ハット、ベレー帽などなど、洋服に合わせて色々とオシャレを楽しむことができます。ハゲの方には髪型をチェンジすることが難しいので、帽子をチェンジすることでファッションを楽しむことができます。

身だしなみ

職人さん 帽子は身だしなみのひとつとしても使用されます。調理をする際や精密機械を手掛けるときには髪の毛が落ちないように帽子をかぶります。
また、ちょっとコンビニまで行きたいけど寝癖や髪型がひどいときにも帽子をかぶることで外出がしやすくもなります。


このように帽子にはメリットがたくさんあります。頭は人が生きていくい上でとても大切な場所となります。髪の毛の保護だけでなく頭の保護にも役立つ髪の毛ですのでとても重要なものとなります。

頭皮環境悪化!帽子をかぶるデメリットとは?

審判
一方、帽子をかぶることでデメリットもあります。デメリットがあるからこそ、帽子はハゲになりやすいと言われる要因となってしまいます。

蒸れる

帽子をかぶることで一番の悩みとなるのがこの蒸れです。帽子をかぶることによって通気性が悪くなり不快指数が上がります。人は熱く感じると汗をかくことで、汗が蒸発する際の気化熱によって体温調整を行います。しかし、帽子によって湿度が高い環境が作られてしまうと汗が蒸発しにくくなりさらに蒸れやすくなります。湿度が高くなると細菌が発生しやすい環境といえます。細菌は頭皮環境を悪化させて髪の毛の成長を抑制してしまいます。

血行不良

冬の寒さを守り頭皮の血流悪化を防ぐ帽子ですが、サイズが合わない帽子をかぶってしまうと頭を締め付けることになってしまい、血行不良を起こしてしまいます。帽子をかぶっていて頭痛がする方などは小さい帽子をかぶっている可能性が非常に高いです。

不衛生

帽子を使用したら必ず洗うって方は少ないと思います。帽子が皮膚と触れやすいおでこ回りの部位は汗を吸収しやすい場所となり汚れやすいです。何度も使用したにもかかわらず一度も洗っていない場合、細菌が頭に付着して皮膚炎症を起こしやすくなってしまいます。シャンプーをした後に不衛生な帽子をかぶってしまったら・・・もうわかりますよね。

脱ぐタイミング

帽子を脱ぐ
ハゲの方が帽子をかぶるという行為はハゲを隠していることが多いと思います。食事中や室内などではエチケットとして帽子を脱ぐことがあると思います。

そんなとき、せっかく今まで隠してきたのに脱がなくてはならないのは隠していた意味がありません。意地を張って脱がないことを選んでもマナー違反やハゲているからだとみられることになり、自己満足のハゲ隠しになってしまいます。つまり、後にも先にも行けないこととなってしまいます。

正しい帽子のかぶり方

沢山の帽子
帽子をかぶることにより頭皮や髪の毛に対しメリット、デメリットがたくさんあることがわかりました。できるだけデメリットを消すことを行いメリットを活かすことができれば帽子は強い味方となってくれるはずです。ここでは正しい帽子のかぶり方や選び方について報告していきたいと思います。

季節に合わせた素材を

帽子のデメリットは蒸れやすさです。特に夏に帽子をかぶってしまうと汗をかいてむれやすいですが、強い直射日光も防ぎたいところです。そのため夏には麦わら帽子や目の粗い素材の通気性の良いものを選んで着用しましょう。逆に冬は乾燥を防ぐために適度な保湿を行う素材や風に耐えられる素材を選びましょう。

適度な着脱を

蒸れないように適度に着脱を行って頭皮の通気を行いましょう。暑くて蒸れ蒸れの状態でもかぶったままでは頭皮環境を悪化させてしまうことになります。ハゲている方には勇気のいる行動になりますが、髪の毛をかきあげる仕草などと併用し上手に乗り切りましょう。

自分にあったサイズ選び

男性と女性では頭周りは大きく異なります。成人男性の頭囲はおよそ57cmほどとなり、女性よりも2.5cmほど大きくなります。髪の毛の長さやボリュームなどでも変化しますので、自分に合ったサイズで選びましょう。

ローテーションして使い分ける

帽子を脱ぐ 同じ帽子ばかりかぶっていては不衛生となってしまいます。オシャレを楽しむこともできますので、常に同じ帽子をかぶったままにせずにローテーションをしながら使い分けることを行いましょう。


このように帽子を目的に応じて選ぶことで頭皮環境は大事に守られることにもなります。ハゲている方も悪化させないように帽子をかぶることで頭皮環境が良くなる可能性もあります。正しい帽子のかぶり方を行えば髪の毛は減ることもなくいつまでもあなたの側から離れないと思いますよ。

カツラと帽子どちらをかぶる?

カツラをかぶる
昔のカツラはあきらかにカツラと判明してしまうものばかりでしたが、現在のカツラはとても精巧に作られております。部分カツラであれば、余計なパーツはないので蒸れにくい構造となっております。蒸れたとしてもそれは通常髪の毛がある状態とほぼ変わりがない蒸れだと思いますので、部分カツラを付けて蒸れた場合は髪の毛の有難さを感じる蒸れとなるでしょう。

しかし、全カツラの場合は両面テープや接着剤で使うものもあります。そういった場合は髪の毛以上の蒸れを感じることになるので頭皮環境が悪化しないように注意が必要でしょう。

カツラもまた洗うことが必須です。熱湯を使わずにぬるま湯で洗いカツラ自体を清潔に保ちましょう。帽子と同じく清潔に保つことで、帽子のコレクションのひとつとしてカツラを置いておいてもいいかもしれませんね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*