AGA治療薬デュプロスト(Duprost)というお薬の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療薬のプロペシアやフィンペシア等のフィナステリド内服薬の約1.5倍の効果があると言われている今、注目を浴びている成分『デュタステリド』を含むデュプロストをご紹介します。


商品名(正式名称):デュプロスト

英語表記:Duprost

有効成分:Dutasteride(デュタステリド)

成分容量:0.5mg

通常内容量:0.5mg

形状:錠剤

飲み薬or塗り薬:飲み薬

プロペシアのメーカー:Cipla(シプラ)

先発医薬品orジェネリック:ジェネリック

別名称・間違い名称:デュフロスト・デュブロスト・テュフロスト・デュタステリド錠


デュプロストは楽天やamazonなどの国内通販、薬局では市販・販売は行われておらず、国内の病院やクリニックでも処方される医薬品ではありませんが、海外医薬品の個人輸入サイトなどから通販購入が可能です。


こんな症状の方が使用:薄毛・抜け毛・脱毛症・ハゲ・FGA・育毛したい・増毛したい・発毛したい・M字ハゲ・O型ハゲ・髪の生え際が気になる


対象年令・性別:男性:30代・40代・50代・60代で髪の悩みがある方

デュプロストが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

プロペシアが効かない、効果がないと感じた方に多いのが服用期間の問題です。髪の毛は生えるのに時間が掛かるものであり、プロペシアやその他のAGA治療薬は最低でも半年以上服用をしないと効果が現れません。また、毎日継続的に服用をしないと効果も期待する事は出来ませんので飲み忘れを防いで継続的に服用する事が重要となります。国内の臨床試験でAGAの進行を食い止めるデータもはっきりと出ていますが現代の医学では短期間の内に髪の毛を生やす方法やAGAの進行を食い止める方法は未だ見つかっていません。


効き目(接続時間):約24時間

併用すると危険なもの:5α還元酵素阻害薬を服用中の方

使用するタイミング(時間):基本的にはいつ服用しても問題はありませんが、朝食後に服用するのがベストと言われています。

服用間隔:1日に1錠

デュプロストの説明

デュプロストは元々前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、副作用として脱毛を防止する効果が認められ、脱毛治療薬として使われるようになりました。有効成分デュタステリドは、プロペシアなどの成分フィナステリドより強力と言われています。フィナステリドが男性型脱毛症の原因であるDHTの生成に関わる酵素5α-リダクターゼⅡ型のみを抑制するのに対し、デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型両方の活性化を抑制しますのでデュプロストはフィナステリドを成分とするAGA治療薬よりも少量で効果を発揮すると言われています。AGA治療薬全般的に言える事ですが、デュプロストも継続的に服用をしないと効果を発揮する事はありません。もしもプロペシアやフィナステリドを成分とするAGA治療薬を服用した事があり、継続的に約半年間も服用したにも関わらず、効果が無いと感じた方は有効成分デュタステリドが含有されているデュプロストを試しみる価値はあると思います。

デュプロストの飲み方(使用方法)

デュプロストは、AGA治療の場合1日1回1錠を水で服用します。時間はいつでも良いですが、毎日決まった時間に服用すると効果的なので、普段から時間を決めて服用する事をお勧めしています。 前立腺肥大の治療の場合も1日1回1錠を服用します。継続服用をしないと発毛効果も得られずに結果的に損をしてしまう事になり兼ねません。

デュプロストの副作用、注意点

副作用として、勃起不全や性欲減退、乳房痛などが報告されています。 デュプロストは女性は服用する事ができません。特に妊娠中の女性が成分に触れると、胎児に悪影響が出る可能性がありますので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*