フィンペシアはAGA症状を改善してくれるお薬です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィンペシアは、有効成分をフィナステリドとするAGA治療薬です。

現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)「プロペシア」のジェネリック医薬品です。

このページでは、そんなフィンペシアの有効成分と、効果について解説します。

フィンペシアの有効成分について

フィンペシアの有効成分は「フィナステリド」です。

このフィナステリド成分のはたらきについて説明するために、まずはAGA症状の仕組みについて解説します。

AGA症状は、原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)が、毛髪の成長を妨げることによって起こります。
基本的に毛髪は、6年ほど成長を続けて伸び続けたのちに、抜けて新しい毛髪に生え変わります。

しかし、このDHT(ジヒドロテストステロン)が発生すると、成長期間が短くなり、髪の毛が太く長くなる前に抜け落ちてしまいます。
こうなってしまうと、薄毛が目立ってしまい、AGA症状となります。

AGA症状の原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)成分の生成時には5α還元酵素という酵素が必要とされます。
フィンペシアの有効成分「フィナステリド」は、この5α還元酵素のはたらきを阻害することによって、AGAの原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。
これにより髪の毛の成長期「ヘアサイクル」が伸び、細くなった髪の毛にコシが出てきたり、毛髪の成長が促され、AGA改善の効果が期待されます。

フィンペシアの効果効能

フィンペシアによる投薬治療は、現在AGA治療に最も効果的であるとされています。

具体的なフィンペシアの効果として、フィンペシアの先発医薬品「プロペシア」の国内の臨床試験ではプロペシア1mgの1年間投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の改善効果が認められています。

改善効果及び維持効果を合算すると、プロペシア1mgは98%以上の方に効果のあるデータがあります。

ただしこのデータは、脱毛症以外心身共に健康な20~50歳の中軽度までの男性型脱毛症(AGA)患者を対象としたデータであるため、50代や、60代以上の方の場合、データよりも効果の期待値が下がってしまうと予想されています。
しかしながらこれは、AGA治療を開始するのが早期であれば、早期であるほど効果を発揮してくれるということが言える根拠でもあります。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品であるため、このプロペシアの臨床試験結果はそのままフィンペシアの効果と捉えて良いでしょう。
むしろフィンペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品であるため、AGA治療効果が同じでありながら安価に購入できる優秀なお薬です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*