有名なAGA治療薬プロペシア(propecia)というお薬の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療薬の中で重要な役割を果たしているプロペシアをご紹介します。

商品名(正式名称):プロペシア
英語表記:propecia
有効成分:Finasteride(フィナステリド)
成分容量:0.2mg/1mg
通常内容量:1mg
形状:錠剤
飲み薬or塗り薬:飲み薬
プロペシアのメーカー:Merck(メルク)
先発医薬品orジェネリック:先発医薬品
別名称・間違い名称:フロペシア・プロベシア・プロペシア錠・フィナステリド錠

プロペシアは楽天やamazonなどの国内通販、薬局では市販・販売は行われていませんが、海外医薬品の個人輸入サイトから購入が可能です。処方箋や診断書があれば国内の病院やクリニックで処方される医薬品です。

こんな症状の方が使用:薄毛・抜け毛・脱毛症・ハゲ・AGA・育毛したい・増毛したい・発毛したい・M字ハゲ・O型ハゲ・髪の生え際が気になる

対象年令・性別:男性:30代・40代・50代・60代で髪の悩みがある方

プロペシアが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

プロペシアが効かない、効果がないと感じた方に多いのが服用期間の問題です。髪の毛は生えるのに時間が掛かるものであり、プロペシアやその他のAGA治療薬は最低でも半年以上服用をしないと効果が現れません。また、毎日継続的に服用をしないと効果も期待する事は出来ませんので飲み忘れを防いで継続的に服用する事が重要となります。国内の臨床試験でAGAの進行を食い止めるデータもはっきりと出ていますが現代の医学では短期間の内に髪の毛を生やす方法やAGAの進行を食い止める方法は未だ見つかっていません。

効き目(接続時間):約24時間
併用すると危険なもの:特にありません
使用するタイミング(時間):基本的にはいつ服用しても問題はありませんが、朝食後に服用するのがベストと言われています。
服用間隔:1日に1錠

プロペシアの説明

プロペシアに含まれている有効成分は、フィナステリドで、男性ホルモンの一種であるテストステロンを、脱毛ホルモンであらうジヒドロテストステロンへと変換する、5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあります。ジヒドロテストステロンは、毛母細胞や毛乳頭に影響を与えることで、健康な毛髪の成長を阻害してしまいますが、フィナステリドを摂取することで、抜け毛の原因をシャットアウトすることができるため、AGAの改善に効果があると認められています。 そのためプロペシアの継続的な服用で脱毛の予防が行えます。 発毛の促進までは期待できないと言われているものの、発毛が見られる男性が多く見られます。 日本では既に特許が切れており、価格の安いジェネリック医薬品が登場しています。AGA治療薬として有名なプロペシアは、飲む育毛剤としても効果が認められている医療用の医薬品です。ただ、フィナステリドの副作用として、性欲の減退や勃起不全、精子数の現象などがあり、頭痛や肝機能障害などを起こすリスクもあると言われていますが、副作用にも個人差がありますので副作用が出た場合には服用を中止した方が良いと言われています。

プロペシアの飲み方(使用方法)

プロペシアの基本的な飲み方は水またはぬるま湯で1日1回1錠を毎日飲みます。効果的な使用方法としては毎日同じ時間帯に服用した方が良いでしょう。血液中のフィナステリドの濃度の変動を少なくすることで体内にフィナステリドが残ります。この体内に残ったフィナステリドの成分は抜け毛や薄毛の原因になる成分を生産するのを抑制する効果があります。1日に服用できる上限は1mgと決められているので飲み忘れた場合でも次に多く服用してはいけないことになっているので注意が必要です。1mgが上限ですが多く飲めば効果が出るわけではないので症状にあって処方された量を守ることも大切です。

プロペシアの副作用、注意点

プロペシアには性欲減退、勃起不全、精液量減少、発疹、めまいなどの副作用が見られます。 稀なケースではあるものの、肝機能障害と言った副作用もあり、女性は使用できないために注意が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*