AGA治療薬フィンペシア(Finpecia)というお薬の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療薬のプロペシアのジェネリック、フィンペシアをご紹介します。

商品名(正式名称):フィンペシア
英語表記:Finpecia
有効成分:Finasteride(フィナステリド)
成分容量:1mg
通常内容量:1mg
形状:錠剤
飲み薬or塗り薬:飲み薬
プロペシアのメーカー:Cipla(シプラ)
先発医薬品orジェネリック:ジェネリック
別名称・間違い名称:フェンペシア・フンペシア・フィンペシア錠

フィンペシアは楽天やamazonなどの国内通販、薬局では市販・販売は行われておらず、国内の病院やクリニックでも処方される医薬品ではありませんが、海外医薬品の個人輸入サイトなどから通販購入が可能です。

こんな症状の方が使用:薄毛・抜け毛・脱毛症・ハゲ・FGA・育毛したい・増毛したい・発毛したい・M字ハゲ・O型ハゲ・髪の生え際が気になる

対象年令・性別:男性:30代・40代・50代・60代で髪の悩みがある方

フィンペシアが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

フィンペシアが効かない、効果がないと感じた場合は幾つかの理由が考えられます。先ず第一に服用期間です。AGA治療薬は最低でも継続して約半年間服用を続けないと目に見える効果は絶対に得られません。フィンペシアが効かない場合はどれだけの期間服用をしていたのか思い出して下さい。服用期間以外には単純に身体に合っていない場合もあり得ます。その他に考えられるのは発毛や育毛に必要と言われている栄養素が足りていない場合や、頭皮の血流が不足している、頭皮にある皮脂が過剰分泌を起こしている可能性もあります。先ずは約半年間服用を続けてみる事が重要になります。

効き目(接続時間):約24時間
併用すると危険なもの:特にありません
使用するタイミング(時間):基本的にはいつ服用しても問題はありませんが、朝食後に服用するのがベストと言われています。
服用間隔:1日に1錠

フィンペシアの説明

フィンペシアはインドのシプラ社から発売されているAGA専用の治療薬で、AGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因となるジヒドロテストステロンを生み出す5a還元酵素への阻害作用があり、AGAに効果が期待できるとされています。国内でも、ファイザー、沢井製薬、東和薬品などから厚労省の認可を受けたジェネリック薬品の販売が開始され、ひと昔前と比べて40パーセント程度の値段で入手ができるようになりました。効果が出るまでには、最低でも3か月から6か月かかるといわれている為、使用を継続することが大切になります。2日に1錠を継続して服用していても効果はありませんし、1日に1錠以上の服用は出来ませんから正しい服用方法を守っていく事で効果が現れます。フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品という事でプロペシアよりも安く購入する事ができ、成分も同じなので効き目や効果も全く同じで、プロペシアを凌いで人気が出ているAGA治療薬になります。

フィンペシアの飲み方(使用方法)

AGA治療薬は効果が出るまでに最低でも3か月から6か月掛かるといわれているためフィンペシアの使用を継続することが大切になります。継続的に服用をしないと十分に効果を感じる事が出来ず、結果的にフィンペシアは効かない、効果が無かったと思う方もいるようですが、間違った服用方法をしていなければ、効果は発揮されるお薬なので正しい服用方法で継続して使用していきましょう。

フィンペシアの副作用、注意点

フィンペシアは、毎日1錠を継続して飲み続けることが大切です。また、女性や子供やが服用しないよう気をつけましょう。服用中はPSAの値を下げますので、前立腺がんの検査をするときには担当の医師にフィンペシアを服用している旨を伝えましょう。服用をやめて1か月経過しないと献血ができない点にも注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*