飲むAGA治療薬ロニタブ(Lonitab)の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療薬の中で発毛効果のあるミノキシジルという成分が入ったロニタブをご紹介します。

商品名(正式名称):ロニタブ
英語表記:Lonitab
有効成分:Minoxidill(ミノキシジル)
成分容量:5mg/10mg
通常内容量:5mg
形状:錠剤
飲み薬or塗り薬:飲み薬
プロペシアのメーカー:Intas Pharma(インタスファーマ)
先発医薬品orジェネリック:ジェネリック
別名称・間違い名称:ロニタフ・ロニダブ・ミノタブ・ミノキシジルタブレット

ロニタブは楽天やamazonなどの国内通販、薬局では市販・販売は行われておらず、国内の病院やクリニックでも処方される医薬品ではありませんが、海外医薬品の個人輸入サイトなどから通販購入が可能です。

こんな症状の方が使用:薄毛・抜け毛・脱毛症・ハゲ・AGA・育毛したい・増毛したい・発毛したい・M字ハゲ・O型ハゲ・髪の生え際が気になる

対象年令・性別:男性:30代・40代・50代・60代で髪の悩みがある方

ロニタブが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

ロニタブが効かない、効果がないと感じた方の多くは継続してロニタブを服用せずに効かないと感じている場合が多く、たまに飲んだり1度に何錠も服用するなど、間違った服用方法をしている方もいます。ロニタブは1日1錠を同じ時間に継続して服用する事で効果が現れます。効果が出現するのに約半年間必要なので数カ月服用しただけでは絶対に髪の毛は生えてきません。ロニタブの効き目を上げる方法としてはフィナステリドが成分のAGA治療薬を併用するなど、様々な方法があります。先ずは間違った服用方法をしていないか、服用期間に問題は無かったかなど、ロニタブで効果が出なかった理由を見つけてみましょう。継続服用をしていれば効果は発揮される筈です。

効き目(接続時間):約24時間
併用すると危険なもの:イブプロフェン・バイアグラ・スマトリプタン・アルコールなどの血圧低下作用のあるお薬
使用するタイミング(時間):基本的にはいつ服用しても問題はありませんが、朝食後に服用するのがベストと言われています。
服用間隔:1日に1錠

ロニタブの説明

ロニタブはインタスファーマ社が開発した飲むタイプのAGA治療薬で男性型脱毛症の治療に使用されるお薬です。有効成分ミノキシジルが頭皮の血行を促進し、血流を増加させることによって発毛・育毛に効果を発揮します。塗るタイプの医薬品と比べ生え際の発毛・育毛にも効果が期待できます。ミノキシジルは元々は高血圧症の患者が血管拡張を目的に服用していたものですが、育毛や増毛などの効果がみられたため薄毛治療にも用いられることになりました。ロニタブはファイザー社の「ロニテン」のジェネリック医薬品でロニテンよりも安く購入する事ができます。通称ミノキシジルタブレット(ミノタブ)と言われており、こちらのAGA治療薬もフィナステリドが配合されている錠剤のAGA治療薬と同様に継続して服用する事により効果を発揮します。飲み忘れた場合は1日に1錠以上の服用はせず、必ず自分で決めた時間に毎日1錠を服用するように心がけましょう。正しい服用方法で継続して飲んでいけば効果は発揮されます。

ロニタブの飲み方(使用方法)

ロニタブは1日1回1錠を水もしくはぬるま湯で服用します。血中濃度を一定に保つために毎日同じ時間に服用する必要があるので、朝食を食べた後など、毎回飲む時間を決めて継続して服用するようにしましょう。継続服用をしないと効果が発揮される事はありませんので、飲み忘れなどには注意をして服用するようにしましょう。

ロニタブの副作用、注意点

ロニタブは副作用として吐き気や嘔吐、めまい、動悸、息切れなどがあります。重い副作用として白血球減少症や血小板減少症などの症状が出ることがあります。気になる症状が続く場合は医療機関を受診し医師にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*