ヒゲ脱毛の値段相場ってどれ位?地域によって値段相場は変わるもの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の脱毛が急激に増えております。

特にヒゲはオシャレに生やすこともできるので、部分ごとに脱毛を行う方もいれば、毎日の髭剃りが面倒という方は全て脱毛する方もおられるようです。

色白でヒゲが濃い方であれば、朝、ヒゲを剃っても青々と剃り後が残っており不衛生に見られがち。

一生懸命剃れば剃るほど、カミソリで皮膚を傷つけてしまい赤く血がにじんでしまったりもします。

「不衛生な男性はモテない」

いくら不衛生ではなくても、女性からそう見られてしまったら一貫の終わり。また、男性脱毛の技術レベルの進歩もあり、女性だけでなく男性脱毛を扱うクリニックも増えてきました。

そこで、今回はヒゲ脱毛の相場はどのくらいなのか?地域によって格差があるのか調べてみました。

ヒゲ脱毛の種類

考えるヒゲ
脱毛を行うクリニックやエステでは、脱毛機器を使用して脱毛を行っております。

また、医療行為であるのか、ないのかでも取り扱う機器が変わってきますので、その分脱毛効果にも差があります。

ここでは、脱毛機器の違いを見てみましょう。

医療用レーザー脱毛

レーザー脱毛 強力で脱毛効果のある方法です。黒色に反応するレーザーの特性を利用して、毛根の毛母細胞を破壊し脱毛を行います。医療行為となるため、医師がいるクリニックでしか処方が行えません

光の波長が黒いメラニンだけに反応するため、肌細胞を傷めずに脱毛することが可能です。ただ、その分、産毛や日焼けした肌が黒い方には効果が弱くなってしまいます。

医療行為であるため、永久脱毛が可能で、施術を繰り返し行っていくことで、ヒゲの密度を徐々に減らすことを行います。毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回通い、1~2年ほどで綺麗に仕上がります。密度が一気に減っていく最初の2~3回目が一番効果を感じるときでしょう。

機器の種類により違いはありますが、基本的に痛みを伴うため、麻酔を行ってくれるクリニックもあります。

メリット ・永久脱毛が可能・トータル施術期間が短め・医師によるアフターフォロー
デメリット ・少し痛い・肌トラブルに注意

光脱毛

光脱毛 医療行為にはあたらない光脱毛は、医師が常駐しないエステなどで行われる方法となります。

光を当てる手法はレーザー脱毛と同じですが、レーザー脱毛よりも出力が弱いため、痛みが少ない反面、効果も弱くなります。光の波長が大きいため産毛などにも反応をすることも可能なタイプもあります。

毛周期に合わせて施術を行うため、2~3ヶ月に1回通うことになります。1~2年ほどかけて脱毛を行っていきますが、レーザー脱毛よりも通う回数は増えることになるでしょう。また、永久脱毛ではないため、一定の期間を経過するとまた生えてくることになります。

メリット ・痛みがほとんどない・1回の金額が安い
デメリット ・永久脱毛ではない・回数が多いためランニングコストで金額が高くなることも

電気脱毛

電気脱毛 ニードル脱毛などとも呼ばれますが、毛1本1本に細い針を刺しその針に電気や高周波を流すことで毛母細胞を破壊し脱毛を行う手法となります。

一番永久脱毛の効果が高く、細かい作業を行うことも可能となるため、デザインヒゲを行う方にはよい施術方法ですが、痛みが強く感じることがあり、また、施術時間も掛かります。

毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回通うことになるでしょう。1回の施術で広範囲に行うことができないため、1~2年ほどかけて少しずつ脱毛を行っていくことになります。

メリット ・永久脱毛が可能
デメリット ・人によってかなり痛い・金額が高い

地方と都心部とのヒゲ脱毛の価格の違いはあるのか?

都会と田舎
男性が脱毛をすることが増加しているため、男性専門の脱毛クリニックやエステも増加するようになってきました。

大手のクリニックやエステでは都市部だけでなく地方都市にも進出しているので、大手を選んで足を運ぶことができれば、地域によって価格は都市部と変わらず脱毛を行うことが可能となるでしょう。

しかし、増加しているとはいってもまだまだ数が少ないのが地方の現状であり、大手以外を選んだ場合、価格設定は都市部や大手よりも高くなっております。

また、地方に多いのが男女兼用のクリニックやエステが多いです。

やはりまだまだ男性よりも女性のほうが脱毛を行う方は多いです。そのため、待合室が同じ場合、女性に囲まれて待つ覚悟も必要となるでしょう。そして、施術プランも詳細に設定されていないところも多いので、デザインヒゲなどの融通も難しいかもしれません。

男性専門の大手に通えない方が地元のクリニックやサロンに通う場合は、大手の金額プランを参考にしてから通うことがよいでしょう。多少値段相場が高くても、交通費や移動時間を考えた場合、安く済むかもしれません。

大手クリニック・エステ施術法や金額の目安

スッキリ美肌
大手クリニックやエステの施術方法や金額を参考にすることで、地元のサロンの金額や施術プランをより理解しやすくなるでしょう。

ヒゲ脱毛は1回の施術では終わることはなく繰り返し通うこととなります。ランニングコストも考えて選んでみてください。

レーザー脱毛

医療行為であるレーザー脱毛を行っている大手では、「湘南美容外科」「ゴリラクリニック」などが有名です。

どちらも4年間無制限プランを用意しており、確実に脱毛することが可能です。

部位別 ゴリラクリニック 湘南美容外科
鼻下・アゴ・アゴ下4年無制限 68,800円(税抜) 64,630円(税抜)
+ほほ・もみあげ4年無制限 +58,600円(税抜) +58,500円(税抜)
+首4年無制限 +45,000円(税抜) +45,000円(税抜)
全部位5回コース 120,000円(税抜)
※最新の価格はホームページにて確認をお願いします。

光脱毛

サロンで行う光脱毛ですが、1回の施術代は安いですが、その分回数を多く伺うことになるでしょう。

全国展開している光脱毛を行う有名なところでは「RINX」などがあります。レーザー脱毛よりは通う回数は多くなるとイメージしておきましょう。

RINX
部位別 5回保証パス 10回保証パス
口下 12,600円(税込) 24,700円(税込)
アゴ・鼻下・ほほ・もみあげ各それぞれ 16,800円(税込) 28,000円(税込)
アゴ下&首 21,000円(税込) 39,800円(税込)


※最新の価格はホームページにて確認をお願いします。

電気脱毛

1本1本行う電気脱毛は大手男性エステである「ダンディハウス」「メンズTBC」などで施術を行っております。兎に角、時間とお金が掛かるので、お金と時間、確実に脱毛をしたい人向けとなります。

メンズTBCではビジター料金で130円(税込)/1本~、ダンディハウスでは時間制となり1分あたり263円(税込)となります。

ヒゲの本数は1cm四方で100本以上と言われておりますし、ダンディハウスの施術合計は1800分以上が基本ですので、金額の高さがよく理解できるのではないでしょうか。

※最新の価格はホームページにて確認をお願いします。

最後に

エステ
ヒゲ脱毛に掛かる金額は都市部と地方と考えた場合、地方のほうが値段相場も高く設定してあったり、詳細な金額が提示しない場合もあります。決して安い金額ではないので、後悔しないためにも大手クリニックやエステと価格と施術内容等を比較して確認してみましょう。

一番価格が異なるのが施術方法です。金額的には、

電気脱毛 > レーザー脱毛 ≧ 光脱毛

となりますが、レーザー脱毛と光脱毛はヒゲの量が多い方や濃い方などは回数が多くなることで、金額的に逆転する場合もあります。

現在、一番主流となりつつあるのが、レーザー脱毛となっており、全国展開して行うクリニックも多くなってきました。医療行為に該当するため、施術を行うのも医師となりますので、アフターフォローもしっかりとできるところが安心できるのではないでしょうか。

永久脱毛の場合、その後ヒゲはほとんど生えてきません。後悔しないためにもしっかりとヒゲ脱毛プランを考えて、残したい部分がある場合は残す、全体的に薄くするなどきちんと目的を持って脱毛を行いましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*